建設業に従事する方なら誰でも加入することができる組合です。お得な一人親方労災があります。

労災事故に遭った時の労災申請の手順

 

1、業態区分で申請方法が変わります

当組合で一人親方労災加入の方はこちらから報告ください

従業員・中小事業主・一人親方労災未加入の方

下記参照


2、仕事中の怪我は労災保険を使用する

  仕事中のけがで健康保険は使用できません。必ず労災保険を使用してください。仕事中や通勤途中に起きた事故によってけがをし、それが業務災害や通勤災害に該当する場合は労災保険を使って治療を受ける場合があります。 但し、交通事故の場合は原則「自賠責保険」が優先されて使用することとなります。労災によって負傷、病気になったにもかかわらず、健康保険を使って医療機関で治療を受けてしまった場合、受診した病院で健康保険から労災保険への切り替えができるか確認する必要があります。切り替えができれば、病院で支払った治療費が返還されますが、切り替えができないと、治療費の全額を一時的に自己負担した上で、労災保険の手続きをして請求する必要があるので注意しましょう。



3、労災保険の申請方法

労災保険を申請するためにはどのような手続きが必要なのでしょうか。申請から給付までの流れをみていきましょう。
建設業の労災保険の場合、業態区分によって使う労災保険が変わります
―抄醗の場合、事故に遭った現場が雇用されている事業所の「元請けの現場」なのか「下請けの現場」かで使用する労災保険が変わってきます。
.雇用されている事業所の元請け現場であれば、その事業所の労災保険を使います。
.
雇用されている事業所が下請け現場であれば、その元請け事業所の労災保険を使います。

一人親方が労災に遭った場合
一人親方の方が労災に遭った場合は、元請け事業所の労災保険は使えません
一人親方はご自身が任意加入している一人親方労災を使うことになります。
まし万が一労災保険に加入されていない場合は、全額自己負担となり健康保険も使用できません。 
当組合で一人親方労災に加入されている方はこちらから手続きください

C羮事業主が労災時期に遭った場合
中所事業主の方が労災事故に遭った場合は、従業員の方と違って元請けさんの労災保険が使えませんので、ご自身で加入している事業所労災の特別加入で労災保険にかかります。

実際の労災保険の申請はお近くの労働機基準督署か厚生労働省のホームページから入手ください。