建設業に従事する方なら誰でも加入することができる組合です。お得な一人親方労災があります。

能登半島地震 災害対策ニュース

2024.02.21

能登半島地震における応急木造仮設住宅建設について5
(就労開始時期の変更3)全建総連では大工工事の開始日を 3 月 18 日から

全建総連では大工工事の開始日を3月18日と確認しました。
・建設場所 町野グラウンドゴルフ場(50 戸程度)、南志見多目的グラウンド(50 戸程度)
・大工工事の開始  3 月 18 日(月)から
・大工の必要人工の見込み  120 人/日 (根拠:100 戸程度×1.2 人)
 
3 月 18 日からの大工工事については、北信越地協(新潟ユニオン、富山県連、石川県連、福井県連、長野県建設労連)で必要人数を確保できる見通しです。
現時点においては 500 戸超の建設要請がされる見込みであり、準備が整い次第、着工することとなります。
 
なお、現時点では金沢駅前から建設現場までの移動は大型バスを予定していますが、建設地周辺の道路状況が悪く時間も要すことから、近隣の公共施設等での宿舎開設も検討しています。
詳細が決まり次第、発信します。


2024.02.14
 石川県における応急仮設住宅の建設は、2月8日時点で3市4町、2156 戸が着工されています。最大の建設戸数は輪島市で 923戸、次いで珠洲市の 456 戸、穴水町の 256 戸、能登町の210 戸となっています。完成戸数は珠洲市が40 戸、輪島市が 18 戸となっています。

《全建総連の建設戸数は450戸超の見込み》

 全建総連の建設戸数見込みは、2月 13 日時点で、[愿膸圓猟野(まちの)グラウンドゴルフ場で 260戸規模、∨瓜蝓覆佞欧掘望学校グラウンドで 100戸規模、F郢峺(なじみ)多目的グラウンドで 100戸規模、ぜ扈Щ圓竜貍絽諭覆犬腓Δ粥吠欅藹螢哀薀Ε鵐匹 10 戸規模となっています。

《大工工事は3月上旬ころから》

現時点においては、第1陣として2月下旬から3月上旬の着工、大工工事は3月上旬から中旬を見込んでいます。
工程表の作成状況を踏まえ、各県連・組合には改めて就労者募集等を案内させていただきます。


 

2024.02.06

全建総連より正式に生コン不足で2月中の木工事は不可能な旨と、開始時期についても3月上旬から中旬になる見込みの案内がありましたのでお知らせします
以上によりいつ開始になるかわからないため、現時点では新規の受付(日付の確定)を止めており、希望者には開始時期が判明した段階で連絡をとらせていただく対応とさせていただきます。
既に申込をされている方で延期により就労期間から外れてしまう方・可能性がある方には順次連絡をとらせていただいています。
今回では2月分も含め、前回の長野での従事を上回る数の従事協力をいただいていたにも関わらず、こうした状況になってしまい申し訳ございません。




2024.02.05

≪生コンの必要量確保が難航≫

全木協の応急仮設木造住宅は、災害公営住宅への転用を前提としているため、ベタ基礎となります。しかし、旺盛な復旧需要により、ベタ基礎で使用する生コンの必要量確保の見通しが立っておらず、そのため、工程表
作成が困難な状況となっています。
輪島地域には8ヵ所の生コン工場がありますが、1月末時点で通常通りの稼働は4ヵ所のみであり、また、生コンの運搬時間は品質維持のため原則として 90 分としており、遠方からの運搬が困難ということも要因の1つと
なっています。
 

≪4ヵ所で 300 戸を超える見込み≫

現状において最も建設戸数が大きい輪島市の仮設団地は180戸程度となっており、まずは40〜50 戸を1期工事として先行着工し、時期を1〜2週間程度、間隔をあけて2期工事として 120〜130 戸を建設する方向で調整を図っ
ています。
この場合、同団地で必要となる大工数は1日220人前後となり、同時期に他の仮設団地においても着工する場合、1日300人以上の大工が必要となります。全建総連として1日あたりの大工の最大供給実績は、2020 年の熊本豪
雨での300人弱でしたので、今回は過去最大となる可能性があります。
 

応急仮設木造住宅の建設に向けた動き
就労者の移動手段で大型バスも検討

応急仮設住宅の建設については、平時とは異なり不確定要素が非常に多い取り組みとなります。しかも今回の災害地域は半島という地理的制約もあるため、従来の災害対応とは大きく違うことも特徴です。
こうしたことから、大工工事の開始時期が当初想定より後ろ倒しとなってしまいましたが、課題解決に向けて全力で対応を図っていますので、労働者供給事業の実施に向けて、引き続きのご理解・ご協力を宜しくお願いします。



2024.01.22
元旦に発災した令和6年能登半島地震による被害状況について、全建総連が発行した災害対策ニュースの7号を添付しますのでご覧下さい。
石川県では朝市の傍の輪島市鳳至小学校(グランド?)で2月5日より80戸の木造仮設住宅を建設することがほぼ確実になりました。
従事する大工組合員を募集していく予定です